ミヤベブログ

Blog

水道屋さんと租税教室を開催

本日の午前は、

関市立緑ヶ丘中学校にて租税教室を開催いたしました。

関税理士会の古田さん、小原さん、

中濃法人会青年部から私と大須賀さん、山田さんが参加。

山田さんは、イエイエの水道工事を担っていただいている水道屋さん(社長さん)

大須賀さんは、イエイエの自動車関係をお任せしている自動車屋さん(社長さん)

税理士会の古田さん(古田会計事務所様)は、青年会議所の先輩ですし、

小原さん(小原会計事務所様)は現在、

岐阜県中小企業家同友会でご一緒させていただいております。

そうした地域でご活躍されている皆様と、

中学3年生の6クラス、

2時限目から4時限目までのお時間をいただき

税金について学んでいただきました。

↓写真は授業の様子

緑ヶ丘中学校 租税教室の様子

テーマは、

「100人の村に500万円の橋を架ける」

村人からどのような形式でお金を集めるのか?

生徒さんはグループに分かれ、

村長、社長、会社員、アルバイト、お年寄り、子ども、

と各自役割を持ちその立場に立った意見を考えてもらいます。

設定した毎月の収入を考え、

均等割、定率課税、累進課税、受益者負担、消費税、

といった具合にどのような方法がみんなを幸せにするのか、

「平等」と「公平」の観点も併せながら、

活発にグループディスカッションを行い授業を盛り上げてくれました。

私の時代とは異なり最近の授業は、

一方通行の学びではなく、インプット、アウトプットを行い、

自分の意見を発表する、そうした機会を増やしています。

なので生徒さんも、

自分の考えをまとめ皆の前で発表するのがとても上手。

当時の私だったら恥ずかしくて言葉が出てこないと思います。

中学3年生、

もうすぐ受験の時期ですよね。

新型コロナに翻弄された中学生活。

本当に可愛そうですが、

今日は生徒さんのいい笑顔をたくさん見ることができ幸せでした。

緑ヶ丘中学校 3年生の皆さん、

今日はありがとうございます。

楽しかったです。

ずっと、もっと、すきになる。

イエイエ

住まいの実例

Works

0120-88-0569 受付時間 10:00 - 18:00(年末年始除く) 家づくり相談・お問い合わせ