一年を通して快適な温熱環境で、健康に

どんなに素敵なデザインな家でも冬凍えるように寒く、夏は蒸し風呂のようでは快適な家とは言えませんよね。
日々暮らしていく中での快適さを左右する大きな要因が「温熱環境」です。

体感温度の概念

外の熱を室内に伝えないことが快適な温熱環境づくりの秘訣

そもそも、人はなぜ寒く感じたり、暑く感じたりするのでしょうか?
熱は「高いところから低いところへ移動する」という性質があります。冬の窓際に立つと寒く感じるのは、冷たいガラス窓に体の代謝熱(体内で発生する熱)を奪われるからです。逆に夏に暑く感じるのは、周囲に熱を奪ってくれるものが無く体内に代謝熱がこもってしまうからです。

この原理のため、たとえエアコンの温度設定を同じにしても断熱性能の高い家と低い家とでは「体感温度」が異なります。断熱性能の低い家でどれだけ暖房しても寒く感じます。代謝熱を壁・床・天井などに吸い取られてしまうからなのです。ざっくり言うと、壁・床・天井の平均表面温度と室温を足して2で割ったものが体感温度になります。夏も同様です。日射で焼けた屋根の熱が室内に伝わってくると、室温以上に暑く感じることになります。

冬は暖かく・夏は涼しく暮らすには、壁・床・天井そして窓の断熱性能を高性能化して外の熱を室内に入れない、また室内の熱を外に逃さないことがポイントです。

家全体を断熱すると暖房をしていない部屋まで暖かくなります

断熱性能が低い家では、浴室の室温がリビングルームなどに比べ10℃近く低くなるため、お風呂に入ろうと服を脱ぐと血圧が一気に上昇します。しかし、湯船に入ると今度は血管が一気に広がり血圧は急降下します。このような血圧の急変を「ヒートショック」といい、これが原因で命を落とす方が全国で実に1万7千人もいます。交通事故で亡くなる方のおよそ3倍です。

家全体を断熱材でくるみ断熱性能を高めると部屋と部屋との温度差が小さくなります。暖房をしている部屋とそうでない部屋との温度差が2〜4℃以内におさまります。廊下やトイレ、浴室も震え上がるような寒さにはなりません。「ヒートショック」のリスクも小さくなるのです。また、断熱性能の高い家は窓や壁の「結露」も発生しませんので、湿気を好むカビやダニの発生をを抑制します。このことはアレルギー症状の原因のひとつである「ハウスダスト」発生を抑えることにもつながります。

家全体の断熱性能を高めると暖房をしていない部屋まで暖かくなります。家の中で厚着をする必要もなくなり、トイレやお風呂に行く時にも寒さをガマンする必要がありません。そしてなによりも、ヒートショックやアレルギーなど、疾病のリスクが低下するのがうれしいことです。

宮部建設は断熱基準「HEAT20 G2グレード」に準じた家づくりをします

海外に比べて住宅の温熱環境に対する意識の低かった日本においても断熱性能の高い快適な家づくりが本格化しはじめています。宮部建設では「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)」が提唱する指標や手法に準じた家づくりを行います。HEAT20は住宅建築の研究者や住宅・建材生産者団体の有志によって構成された、実務者視点からの「未来の日本のすまい」を提唱している団体です。

HEAT20には2つのグレードがあります。平成25年に国が定めた省エネ基準レベルの住宅と比較して暖房負荷が約30%削減できる、つまり国の基準より高い性能の「G1グレード」と、約50%削減できる更に高性能の「G2グレード」です。宮部建設では、この中のG2グレードを標準仕様とし、快適な温熱環境と省エネルギーな暮らしをお客様に提供していきたいと考えます。

PAGE TOP