年中どこでも快適に

「パッシブ冷暖」は快適な温熱環境をミニマムなエネルギーで実現

パッシブ冷暖は、住宅及び小規模建築における最小・最適な冷暖房システムです。
高性能エアコンから出る気流をコントロールすることで、
わずか1台のエアコンで10数坪・ワンフロアの冷暖房を可能にした
特許に裏付けされた冷暖房システムです。

パッシブ冷暖のイメージ

パッシブ冷暖はパッシブデザインを前提にした冷暖房システム

パッシブ冷暖は、パッシブデザインの手法を適切に取り入れた建物に導入することを前提とした最小最適な冷暖房システムです。
上図の実線は、パッシブデザインを考慮していない建物の室温の変化です。夏は外気温に合わせて室温が上がり、反対に冬は室温が下がります。そうした気象に左右される温度環境を、空調機器で強引に快適な範囲に誘導していることが分かります。こうした方法では冷暖房の負荷は大きくなり、エネルギーの消費量が増え、光熱費もかさんでしまいます。
一方、パッシブデザインを用いた建物の室温が破線(点線)です。建物の断熱(保温)性能を高め、周辺の自然エネルギーを利用できれば、小さなエネルギーの空調機器で快適な暖涼感を得られます。そうした最小で最適な冷暖房システムとして考えられたのがパッシブ冷暖なのです。

パッシブ冷暖のしくみ

高効率の冷暖房システム「パッシブ冷暖」

冬の曇天や夜間、あるいは真夏の日中など、パッシブデザインや断熱気密性能だけで快適な温熱環境を保つのは難しい時期があります。そのような時期に温熱環境づくりを補完するのが「パッシブ冷暖」です。

「パッシブ冷暖」は暖気/冷気を床下空間や吹き抜け上部に送り込む暖冷房システムです。季節に応じて適切に暖気/冷気を送り届けるように計画することにより、1台のエアコンで全館の温熱環境をまかなうことも可能です。部屋ごとのエアコンを稼働させるのに比べ、使用する電力量を大幅に抑えることが可能となります。

パッシブ冷暖について詳しくするには、パッシブ冷暖のページをご覧ください。

パッシブ冷暖

PAGE TOP