物語のある家づくり 第6回

「好き」を詰め込んだ
開放感あふれる平屋の住まい

W様邸(愛知県 小牧市)

長期優良住宅の平屋_外観

緑に固まれた高台に、長期優良住宅の平屋を完成させたW様。
家づくりのエピソードとともに、この家で夏と秋を過ごして感じたことをうかがいました。

妥協せず自由につくりたい

家を建てた友人たちから、「ハウスメーカーは選択肢が決められていて、自由に選べなかった」などの話を聞くうちに、「家をつくるなら絶対に工務店」という思いが高まっていったというW様ご夫妻。

長期優良住宅の平屋_キッチン

住宅好きの友人が、フェイスブックで「いいね!」したモデルハウスが奥様の目に留まり、岐阜へ行く用事のついでに立ち寄ったのが、宮部建設との出会いでした。

長期優良住宅の平屋_ポーチ

「実際に見たモデルハウスも素敵だったけれど、その時に対応してくれた宮部さんが、いい意味で社長社長していないところがすごく良くて(笑)」と奥様は、その時の印象を話します。

長期優良住宅の平屋_ウッドデッキ

「開放感のある平屋がいい」と大まかな要望を伝えて、家を建てる予定の土地を見てもらい、ひとまず、見積もり等をお願いしてみたご夫妻。「提案いただいた間取り図を見て、ここだ!と直感しました。私たちがイメージしやすいように、模型やパースまでつくってきてくれて…。ここなら、安心して家づくりを託せると思えましたね」。

長期優良住宅の平屋_折戸の窓

参考までに他の工務店も見てみる等は一切せず、宮部建設に依頼することに決めたW様。予算を抑えるための微調整はしたものの、最初の提案ほぼそのままの間取りで、本格的に家づくりがスタートしました。

長期優良住宅の平屋_キッチン収納

理想の暮らしを突き詰める

依頼後も、宮部建設が手がけた家の完成見学会には積極的に参加。「いいな」と思ったものを自分たちの家づくりにも取り入れながら、構造や性能については建築関係の仕事に携わるご主人、それ以外の部分は奥様の「好き」を反映するスタイルで、理想の家を形にしていったと言います。

長期優良住宅の平屋_折戸の窓

「とにかく開放的な空間で、四季を楽しみたいというのが一番のこだわり。折戸の窓は、見学した『郡上の家』を参考にしました」と奥様。フルオープンにすれば、14畳のウッドデッキとお畳のリビングがひと続きに。四季折々の風も吹き抜け、隣接の雑木林を眺めながら心地よく過ごせます。

長期優良住宅の平屋_こども部屋

「玄関とリビングは大きくしたい」というご主人の思いを反映して、玄関に6畳分のスペースを確保したのも、W様邸の特徴のひとつ。「子どもたちは、自分の部屋より玄関の方が広いなんて知りません(笑)。個室と廊下をつなげて広く見えるようにしてあるので、圧迫感がないんです」とのこと。

長期優良住宅の平屋_玄関

玄関からリビングへとつながる通路の他に、キッチンからも直接、出入りできるルートをつくったのは、「家事動線が楽になるから」という建築士のアイデアです。「生活感が出る冷蔵庫は見えない方がいいなど言ったら、食品類を貯蔵するパントリーの中に、スペースを設けてくれました」とうれしそうに話す奥様。パントリーの先は勝手口につながっているので、買った食材を運んで冷蔵庫へなどの動作がスムーズにできます。

長期優良住宅の平屋_壁紙

見えない部分もこだわりを

床、天井、壁…好きなものに固まれて暮らしたかった奥様は、クロスだけでも5回近くショールームへ足を運ぴ、大阪などからも取り寄せて選んだと言います。「クローゼットの中など見えない部分は遊びたかったので、面ごとに変えました。リビングや和室に取り入れた漆喰調の壁紙も各部屋で微妙に色が違うんですよ」。家全体で20〜25種類のクロスを使っていると言います。

長期優良住宅の平屋_フローリング

天井は木目の表情が綺麗なスギ板、床材はリビングがチーク、トイレと廊下はオーク、洗面所は水に強いナラの木に。それに合わせ、建具は裏表の木材を変えて統一感を。造り付けの家具や収納は、好きな木の風合いを建築士に伝えて探してもらいました。

長期優良住宅の平屋_収納コンセント

他にも、アイランドキッチンの下にホットプレート用とファンヒーター用のコンセントをつくったり、テレビとDVDデッキは壁と一体化して、配線もすっきりさせたり。細かな配慮が至る所に散りばめられています。

長期優良住宅の平屋_施主様

実は大工さんも奥様の指名。「宮部建設のホームぺージやブログを見て、この人にやって欲しいと思ったんです。大工さんまで指名する人は初めてと言われました(笑)」。

長期優良住宅の平屋_ダイニングキッチン

理想の家で暮らしてみて

「ここなら間違いない」ど思える工務店を見つけてつくり上げたW様邸は、リビングダイニングのスペースを優先し、個室は必要最低限の広さにした4LDK の平屋。愛着を持って長く暮らすことを考え、木の構造体が美しい耐震工法SE構法に。耐震等級は最高等級3を取得した長期優良住宅です。

長期優良住宅の平屋_玄関網戸

「家づくりを振り返ると、ワガママもたくさん聞いてもらったけれど、よくないことはハッキリと言ってくれたので、気持ちよくできました」と奥様。完成間際の段階で、ガルバリウム外壁が想像よりも波打っているのが気になると伝えたら、すぐ対応してくれたのも忘れられない出来事。「距離が近いので、遠慮せずに何でも言えました。暮らし始めてから、玄関に網戸が欲しいと言ったら、それにも快く応じてくれたんです。

長期優良住宅の平屋_ウッドデッキ

一番のお気に入りは、どの部屋にいても、誰がどこにいるのかがわかること。「風が吹き抜けるので、夏は涼しくてエアコンを使う回数が減りました。11月中旬の今は、太陽のぬくもりで家中がぽかぽかです」と奥様は満足気な表情で語ってくれました。

PAGE TOP