物語のある家づくり 第10回

コンパクトなのに広く感じる
シンプルな箱型の住まい

M様邸(岐阜市)

シンプルな箱型SE構法の家_外観

可能な限り小さな建物で、家族みんなが広々と過ごせる…。
そんな理想のライフスタイルを実現した宮部様に、家づくりのエピソードを語っていただきました。

「SE構法」から入った家づくり

住んでいた借家が更新のタイミングなどいろいろなことが重なり、「次はマンションにするか、思い切って一戸建てか…」と悩みながら、住宅展示場へもたくさん足を運んだというM様ご夫妻。家探しをする中で、木造でありながら高い耐震性能を誇り、大空間や大間口を可能にするSE構法に惹かれっていったと言います。

シンプルな箱型SE構法の家_アプローチ

「もし家を建てるなら、安心して長く暮らせる建物がいいと思うようになりました」と語るご主人。以前から、何気なくSNS をフォローしていた宮部建設を思い出して調べてみると、「SE構法だったんです。軽い気持ちで話を聞きに行くことにしました」。

シンプルな箱型SE構法の家_庭

そこで会った建築士が偶然にもご主人の友人の兄だったこと、社長の穏やかで話しやすい人柄、見学したモデルルームの印象など、さまざまな点で「いいな」と感じ、まずは土地探しを依頼することに。
「ハウスメーカーなどに頼んでずっと土地を探していましたが、どれもピンと来なくて。でも、宮部建設が提案してくれた土地は、私たちの理想にぴったりでした」と話す奥様。
大通りから一本中へ入った静かな住宅地で、すぐ隣には田園が広がる…。そんなのどかな環境が気に入り、家づくりも宮部建設へ託すことに決めました。

シンプルな箱型SE構法の家_リビングルーム

小さく建ててゆったり暮らす

オーダー家具の会社で、企画から営業、製作までマルチに手がけるご主人の「家具は自分でつくりたい」という願いを受け入れてくれたことも決め手だったそう。
「ハウスメーカーに比べて自由度の高い工務店でも、それを伝えると敬遠されることがありましたが、宮部建設は快諾してくれました」。

シンプルな箱型SE構法の家_リビング階段

そんなM様ご夫妻が家づくりで追求したのは、「家そのものは小さく建て、空聞をどこまで広々とできるか」でした。
「主人は仕事柄、図面を見ただけでわかるけれど、私は全くイメージが湧かなくて…。完成見学会でいろいろな家を見ながら説明を聞くうちに、『こういうことね』と理解でき、理想の住まいが具体的になっていきました」と奥様。

シンプルな箱型SE構法の家_ダイニングテーブル

当初は間取りだけでなく、「予算の上限もきちんと決めていなかった」というお二人。「そのことで、宮部建設のみなさんをとても困らせたと思います。5〜6回はプランを変えたので…。それでも嫌な顔ひとつせず、相談に乗ってくれたことに感謝しています」とご主人は振り返ります。

シンプルな箱型SE構法の家_キッチン

理想の暮らしを叶える工夫

予算削減のために、ギリギリまでスペースをそぎ落としながらプランを固め、完成したのは、84.5 坪のゆったりとした敷地に対して、延べ床面積は約32坪とコンパクトな箱型の2階建て2LDK 。中でも印象的なのは、キッチンとリビングがひと続きになった1階のワンルーム空間です。

シンプルな箱型SE構法の家_リビングルーム

高めに設定された天井、突き当たりの壁に設けたはめ殺し窓の抜け感、掃き出し窓から段差なく出られるウッドデッキなどの効果で、約24畳という実際のスケールよりも広々として見えます。

シンプルな箱型SE構法の家_キッチン

奥様の「すっきりとした暮らしを保てる家にしたい」という要望のもと、冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品は隠した他、2階に洗面所を兼ねた5畳のランドリールームを設けることで、生活感の出ない家を実現しました。

シンプルな箱型SE構法の家_ランドリールーム

「天気が悪い日に家の中で干したり、取り込んだ洗濯物がソファの上に乗っていたりするのが嫌だなと思っていました。そういったことがランドリールー ムですべて完結し、散らかる要素が1階に何もないのは、とても便利で気に入っています」と、うれしそうに話してくれました。

シンプルな箱型SE構法の家_リビングルーム

理想の家で暮らしてみて

長女と愛犬イヴを含む家族4人で2017年4月から暮らし始めて4ヶ月。遊びに来たお友達からは、「モデルルームみたい!」と驚かれるそう。

シンプルな箱型SE構法の家_階段

飽きのこない白をべースに、壁の一部はクロスを変えて遊んでみたり、リビング階段をアイアンと木の組み合わせにしたのは、質感やバランスにこだわるご主人のアイデアです。

シンプルな箱型SE構法の家_リビング階段

奥様は「空調の効率が悪くなりそう」と、リビング階段には当初、反対していましたが「階段の真ん中で自然と温度が保たれ、思っていた以上にエアコンの効きが良いです」とのこと。

シンプルな箱型SE構法の家_外観

「少しでも予算を抑えたいと思って、最後は削るもの探しばかりしていましたが、今思うと、そこまでやることはなかったかなという気持ちもあります。例えば、トイレのグレードを落としたことで便フタが自動で開閉しないとか…。家の形やスペースづかいについては本当に満足しているので、設備・備品を少しずつ整えていきたいです」とお二人。

PAGE TOP