ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み

住宅の省エネ化は、枯渇していく化石燃料を前提とした世界全体の流れです。
日本でも「エネルギー基本計画」(2014 年4月閣議決定)において、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030 年までに新築住宅の平均で
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

ゼロエネ住宅の概念

省エネ+創エネで家庭のエネルギー消費をゼロに

ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、自宅で「使うエネルギー」よりも「創るエネルギー」が大きくなる住宅のことです。断熱・気密性能を高めたり高効率機器やHEMSによって暮らしで消費するするエネルギー少なくし、さらに太陽光発電などで「創エネ」をすることにより、使うエネルギーが差し引きゼロになります。

創るエネルギーの方が大きくなるということは外部から電力の供給を受ける必要がなくなるため、ZEHが世の中に普及すれば現在よりも発電所の数を減らすことにもつながります。ZEHは快適な住環境を手に入れながら、社会のエネルギー問題の解決も図ることのできる未来のための暮らし方なのです。

宮部建設のZEH普及率目標

宮部建設も住宅の省エネ化、さらにはZEHの普及に取り組んでいます。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。
宮部建設もこの呼びかけに応えた「ZEHビルダー」です。
2020年度のZEH受託率目標を50&と定め、会社全体でZEHの普及に取り組んでいます。

宮部建設が考えるZEH化へのプロセス

ZEH化のプロセスが工務店の腕の見せどころ

住宅の断熱・気密性能を高め、さらに創エネルギー設備を搭載すれば、これまでの住宅建築よりどうしてもコストアップします。宮部建設ではこのコストについて、ご納得いただけるようなプロセスを心がけています。

多くのハウスメーカーのように、住宅の温熱性能がいまひとつ住宅にたくさんのエアコン設置し、その電気代を相殺するため巨大な太陽光発電パネルを設置するといったことはしません。まずパッシブデザインも含めて温熱性能を確保し、それでは足りない暖かさ、涼しさを最小限の創エネ設備で補う、「低燃費の家づくり」が私たちのプロセスです。

冬は太陽の熱を積極的に取り入れ、夏は太陽の熱を遮ることで、冷暖房エネルギーの軽減を図ります。春や秋などの中間期には風通しの良い通風計画を行います。さらに、建物外皮の高い断熱性と気密性によって、外気温に左右されにくい室内温熱環境を実現することで、エアコンに頼り過ぎることなく、夏は涼しいまま冬は暖かいままの快適性が持続される訳です。この様な「低燃費な家づくり」を基本とすることで、最小限の太陽光発電や太陽熱温水の補完によってZEHを実現することが可能となります。

私たちは「低燃費の家づくり」がもたらすZEHを、「パッシブZEH」として提唱しています。

パッシブ冷暖のしくみ

高効率の冷暖房システム「パッシブ冷暖」

冬の曇天や夜間、あるいは真夏の日中など、パッシブデザインや断熱気密性能だけで快適な温熱環境を保つのは難しい時期があります。そのような時期に温熱環境づくりを補完するのが「パッシブ冷暖」です。

「パッシブ冷暖」は暖気/冷気を床下空間や吹き抜け上部に送り込む暖冷房システムです。季節に応じて適切に暖気/冷気を送り届けるように計画することにより、1台のエアコンで全館の温熱環境をまかなうことも可能です。部屋ごとのエアコンを稼働させるのに比べ、使用する電力量を大幅に抑えることが可能となります。

PAGE TOP